PRGバリアコートで第一大臼歯が半萌出でもシーラントが超楽ちん

半萌出の第一大臼歯にシーラントするのって難しいですよね。

教科書的にはグラスアイオノマーセメントで仮シーラントしてから、完全萌出したらレジンシーラントに置き換える、となっています。

ただグラスアイオノマーセメント、完全に除去するのが難しいんですよね。

歯質接着性ありますもんね。

そいうわけで、僕は今までカルボセメントで一時的にシーラントしてました。

もちろん高確率で脱離しちゃうので、リコールの度にカルボで仮シーラントし直してます。

脱離していきますが、意外と裂溝の深いところは残っているので、う蝕予防の役割はあると思います。

しかも除去が簡単なので、完全萌出してからレジンシーラントに置き換えるのが簡単なんですよね。

とはいえ毎回カルボをし直すのも面倒だし、除去できたと思っても目に見えないところで残存しているかもしれません。

というわけで、最近は処置が超簡単で除去不要なPRGバリアコートを使っています。

う蝕予防効果もカルボセメントより高そうですしね。

というわけで、簡単にPRGバリアコートについて紹介して行きたいと思います!

PRGバリアコートはS-PRGフィラー含有のコーティング剤

S-PRGフィラーって?

S-PRGフィラーは松風が独自開発したバイオアクティブな新素材であり、6種類のイオンリリースにより、以下の特徴を発揮します。

・酸緩衝能の発現
・抗プラーク付着性
・エナメル質の脱灰を抑制

出典
PRGバリアコート カタログ(PDF)
http://www.shofu.co.jp/product/core_sys/images/main/seihin/sikan/pdf/b_sealant_prg_b_coat/prg_barrier_coat_3.pdf

どれも虫歯予防には効果ありそうですね。

で、肝心の使い方ですが

ロールワッテで簡易防湿

PRGバリアコートを塗る

光照射10秒

超簡単ですね。

前処理がいらないからセメント練ったりエッチングしてレジンシーラントするより早く終われる。

いいですね〜。

ビューティーシーラント プライマーに含まれる酸性モノマーがS-PRGフィラーに含まれるストロンチウムと結合すると考えられているため、歯面に残存しているPRGバリアコート面にもビューティーシーラントは接着します

出典
PRGバリアコート
http://www.shofu.co.jp/product/pickup/b_sealant_prg_b_coat/prg_barrier_coat.html

完全萌出したらレジンシーラントに置き換えるわけですが、ビューティーシーラントを使う場合はPRGバリアコートの除去が不要になります。

これって地味に便利なことなんですよね。

セメントで仮シーラントしてたら、裂溝深いところの除去って難しいんですよね〜・・・。

PRGバリアコートは保険適応!材料費と算定点数は?

さてこのPRGバリアコート、画像にも書いてある通り保険適応です。

カタログによると一式そろったセットが48回分入って10000円、1回208.3円

初期う蝕早期充填処置が145点。

操作時間が2分以内とのことなので、少なくとも2歯は同時にできますね。

定価で買っても1回200円ぐらいの材料費で290点といったところでしょうか。

術式も2分ぐらいで終わるから早いし、赤字にもならなさそうですね。

PRGバリアコートの注意点は「着色しやすい」

3)適用後の維持管理
①適用した日から 3 日後までは、着色しやすい食べ物(カレー、コーヒー、紅茶、ワイン等)等の摂取を控えるように指導してください。
②本材は歯ブラシ等のブラッシングにより、徐々にコーティング層が磨り減り、最終的に歯面上から消失する。また、再来院時に著しい変色が認められた場合は、探針等を用いて除去します。

出典
PRGバリアコート 添付文章(PDF)
http://www.shofu.co.jp/product/core_sys/images/main/seihin/sikan/pdf/b_sealant_prg_b_coat/prg_barrier_coat_2.pdf

PRGバリアコートは着色しやすいです。

処置後は保護者の方に色の付きやすい飲食物は控えるよう指導して下さいね。

あとベタベタと厚塗りしてしまうのも着色の原因になりやすいです。

「じゃあどの程度の薄さで塗ればいいの?」って思いますよね。

松風歯科クラブでは使い方の動画が見れるので、是非参考に見て下さい〜。

https://www.shofu.co.jp/shika_club_member/contents/hp0194/index.php?No=759&CNo=194

第一大臼歯を虫歯にしない!

シーラントって意外と面倒だったりしますよね。

歯面清掃してラバーしてシーラントしてたら時間も手間もかかります。

泣かれると嫌だからラバーしないとか、簡易防湿しかしてないとか、先生によってやり方は色々あると思います。

ただ脱離すると意味なくなっちゃうんですよね。

完全萌出していれば簡易防湿でもほぼ問題ないでしょうが、半萌出だと大変です。

半萌出の第一大臼歯、防湿するの超難しいです。

特にう蝕リスク高い子供は半萌出でも簡単にう蝕作ってきますよ。

しかも半萌出の時って年齢的に6歳前後のことが多いですよね。

年長さんか小学1年生ぐらいでしょうか。

子供によってはまだまだ歯医者が嫌で、じっとできなかったり泣いたりする年齢です。

「できればシーラントしたいけど、この子に処置は難しい…」って諦めたこともあるんじゃないでしょうか。

あるいは何とかシーラントしたけど、すぐ脱離しちゃったとか。

でもPRGバリアコートなら処置簡単だし、やりやすいんじゃないかなーって僕は思います。

費用も十分元が取れる計算ですしね。

PRGバリアコートで半萌出歯のシーラント、おすすめです!

参考リンク

PRGバリアコート
http://www.shofu.co.jp/product/pickup/b_sealant_prg_b_coat/prg_barrier_coat.html

PRGバリアコート HAND BOOK & 臨床動画
PRGバリアコート Perfect Guidebook
※松風歯科クラブ会員限定
https://www.shofu.co.jp/shika_club_member/contents/hp0194/index.php?No=759&CNo=194

使い方のコツ
※松風歯科クラブ会員限定
https://www.shofu.co.jp/shika_club_member/contents/hp0150/index.php?No=495&CNo=150

コメント