[写真あり] 子供の歯磨き粉の量は?おすすめの使用量を年齢別に紹介

 

子供の歯磨き粉って結構迷います。どれぐらい使えばいいんでしょうか?
兄弟がいるので、できれば何歳でどれぐらい使うか教えて欲しいんですけど……

 

これ、今日の診療中にとあるお母さんから頂いた疑問です。

今までもこの質問何度も聞かれたことあるなー、と思い返しておりました。

「もしかして歯磨き粉の量を迷う人は結構多いんじゃ?」

というわけでこの記事を書いている次第です。

先に結論を述べると、

  • 〜2歳:切った爪程度の少量
  • 3歳〜5歳:5mm以下
  • 6歳〜14歳:1cm程度
  • 15歳以上:2cm程度
  • 多すぎる歯磨き粉は要注意

といった具合です。

僕達小児歯科は歯磨き粉の量は「大体このぐらい」という感覚が身についています。
でもこの感覚を伝えるのが結構難しい。

なので、ちゃんとした情報源から目安となる量を引っ張ってきました。

そして文字だけだとわかりにくいので、実際に歯ブラシに歯磨き粉をつけた状態の写真も撮りました。

是非参考にしてみて下さい!

歯磨き粉の量

まずは「どれぐらい使えばいいの?」というところから確認していきましょう。

厚生労働省に年齢、使用量、歯磨剤のフッ化物濃度がまとめられています。

  • 歯の萌出〜2歳

切った爪程度の少量
500ppm(泡状歯磨剤ならば1,000ppm)

  • 3歳〜5歳

5mm以下
500ppm(泡状またはMFP歯磨剤ならば1,000ppm)

  • 6歳〜14歳

1cm程度
1,000ppm

  • 15歳以上

2cm程度
1,000ppm

引用:https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/teeth/h-02-007.html

写真で確認

何ミリとか数字で言われてもピンとこないと思うので、写真で見ていきましょう。

歯の萌出〜2歳

切った爪程度の少量

3歳〜5歳

5mm以下

6歳〜14歳

1cm程度

どうですか?

思ったより少なかったですか?
それとも多かったですか?

多すぎるのは要注意

歯磨き粉の使用量に関して何となくイメージがつかめたでしょうか?

1つ注意して頂きたいのが「多すぎる歯磨き粉」です。

「たくさん付ければ、その分フッ素で歯が強くなる!」

とお考えの方が結構多いです。

実は多すぎてもあまり効果は変わりません。
むしろ悪影響の方が多い可能性が高いです。

低年齢児では、歯磨き粉の3割ぐらいを飲み込んでいると言われています。
たくさん歯磨き粉をつけると、その分飲み込んでしまう量も増えてしまうんですね。

子供はまだまだ成長途中。
大人と違って異物を分解する能力が弱いです。

もちろん口に入れて使うものなので、安全性は高いです。
それでも大量に飲み込んでしまったら、子供の体調を崩しかねません。

厚生労働省にも、

フッ化物配合歯磨剤の種類
1. フッ化物濃度:日本では薬事法にかかる承認基準で、フッ化物イオン濃度は1,000ppm以下に定められています。950ppm程度が殆どで、子ども用として500ppmと100ppmがあります。

引用:https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/teeth/h-02-007.html

と書いてあります。

万が一体に入ったときの影響を抑えるために、フッ素の濃度が低い子供向けの歯磨き粉を使うようにしましょう。

例えばこういうの。

間違っても「家族で使う大人用の歯磨き粉を流用し、たくさん歯磨き粉をつけて子供の歯磨きさせる」のだけは避けてくださいね。

おさらい
歯磨き粉の量は・・・

  • 〜2歳:切った爪程度の少量
  • 3歳〜5歳:5mm以下
  • 6歳〜14歳:1cm程度
  • 15歳以上:2cm程度
  • 多すぎる歯磨き粉は要注意

コメント

タイトルとURLをコピーしました