リーウェイスペースは7が綺麗に放出するためにあると思う理由

リーウェイスペースって覚えてますか?

永久歯の交換のために使われるスペースでしたよね。

CDEの幅と、456の幅の差のことです。

一般的には上顎は1mm、下顎は3mmですね。

この差があるおかげで、永久歯が綺麗に並ぶわけです。

僕はこのリーウェイスペースは7が綺麗に生えるために必要なスペースだと考えています。

矯正に使えるスペースだとは思ってませんよ。

6が近心に移動するため

リーウェイスペースがあることで、6が近心に移動します。

Eが抜けて5が放出する時、大きなスペースが生まれますよね。

で、タイミング的には5の次は7が放出するはず。

この時に、7の放出に伴って6が押されます。

で、Eが抜けたスペースに6が押されます。

つまり、7は6を近心に押しながら生えてくるわけですね。

そのため6が近心に移動するリーウェイスペースが必要だと。

僕はそう考えてます。

矯正のためのスペースではない

なので、小学生の矯正で前歯部の叢生を治すためにリーウェイスペースを使ってしまうと、7が綺麗に生えないことが多いです。

6-6は理想的なアーチ。

でもリーウェイスペースを叢生の治療に使ってしまったばっかりに、6が十分に近心移動しなかった。

で、7が変な生え方をしてしまった、というケースをよく見る気がします。

矯正の先生の話では、7の異所萌出は治すの大変みたいですね。

8があればブラケットやバンドをつけて調整できるみたいですけど。

難しいケースではインプラントアンカーを併用して7を動かすんですよね〜・・・これは大変だ。

ま、それだけスペースが無ければ便宜抜歯で対応したりするんでしょうけど。

リーウェイスペースは死守する

というわけで、リーウェイスペースは何が何でも守り抜きたいですね。

じゃないとDE脱落→6近心移動→7放出の流れが綺麗にならないんで。

CDEの隣接面カリエスとかちゃんと治療したいですね。

症状ないからってサホライドで経過観察してるとスペースロスしちゃいますし。

治療する時もCRやGIC、乳歯冠のコンタクトがスカスカでもだめですね。

そうそう、乳歯の早期抜歯したら保隙はもちろん必要ですよ。

保隙してないとびっくりするぐらい簡単にスペースなくなりますから。

1~2mmぐらいならあっという間に寄ってきますよ。

バンドループもクラウンループも既に保険導入されてますし、自費だった頃に比べるとハードルは大分下がってると思います。

7の萌出まで見越して乳歯の観察をして行きたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました